水彩画 初心者

いきなり描ける水彩画講座

初めて水彩画を描いてみたいと思っている人って沢山いると思います。

 

絵具

でもどんな絵の道具が必要なのか?どんな筆を用意したらいいのか?どんな紙に描けばいいのか?など分からないことって多いものですね。

 

まず準備することから始めなければならないんですが、水彩画を始めるためにはまずプロの先生に教えてもらうのが一番だと思います。

 

基本的な画材の準備から最初の書き方の基本やコツをその道のプロの先生にしっかりと習うことが出来れば誰よりも早く上達が出来ますからね。

 

そして一番肝心な絵具ひとつとってみても水彩画の絵具というのは小中学校の時に使った事のある絵具とはまったく違う絵具なんです。

 

ブラックシリカネックレス

絵具がなければ絵画を描くことは不可能なことは当たり前なんですが水彩画の絵具というのは透明水彩という絵具を使用するんですね。

 

普通の絵具というのは塗り重ねると下地の色が消えてしまいますが、透明水彩は下の色が透けて見える絵具なんです。

 

この透明水彩の絵具を使って絵を描くことであの繊細で美しい水彩画が誕生するのですね。

 

このような簡単な知識でも初心者にとって分からないことばかりだと思います。

 

そのために水彩画専門のプロの先生に習うことが早く上達する一番の近道ではないかと思います。

 

プロの先生に習うとなると水彩画教室に通う必要がありますね。

 

普通の水彩画教室の月謝は平均すると4,000円〜8,000円くらいかかります。

 

一年通えば50,000円〜100,000円かかってしまいますね。

 

でもわざわざ高い月謝を払って教室に通うよりももっと良いレッスン方法があります。

 

それは自宅にいながらにして水彩画のレッスンが出来る動画講座のDVDを利用する方法です。

 

何度でも見て覚えられるので確実に上達できるというのが動画講座の良い点ですね。

 

そんな水彩画講座の専門のプロの先生のレッスンDVDがあるので参考にしてみて下さいね。

 

いきなり描ける水彩画講座

 

 

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」

 

 

水彩画がまったく初めてという初心者の方でも簡単に上手な絵が描けるようになるコツが動画で学べる水彩画講座です。

 

この水彩画レッスン動画講座の特徴

DVDを観て真似をするだけという手軽さでグングン上達できる。

 

プロの先生の描く様子がノーカットで収録されているので細かい部分の描き方も全部丸わかりできる。

 

いきなり大満足出来る絵が完成するので楽しくて飽きないレッスンができる。

 

DVDなので何度も見られて、何度も学べる。

 

水彩画レッスン講座DVDの一部を公開中

 

いきなり上手に描ける水彩画レッスンDVD講座の内容

 

見てすぐに絵を上手に描けるようになる水彩画レッスンDVD講座の教本&DVDの内容

 

水彩画講座」レッスン1 〜色塗り編〜

●はじめに
ここではいきなり絵が上手く描けるヒケツが紹介されています。

 

水彩画について「そうだったのか!?」と驚く内容を知ることが出来ます。

 

それと同時に、水彩画の基礎をかんたんに身につけることができるようになります。

 

●第1章 水彩画の道具について全ての知識が紹介されています。

 

絵具2

水彩画というと「小学校の頃の絵の具?」と思われる方が多いのですが水彩画で使う絵の具は「透明水彩」という絵の具です。

 

固まっても何度でも水で溶いて使えるのが特徴の絵具でプロの先生は3年間出しっぱなしだといいます。!?

 

一度買っておくととても楽ちんな絵の具になってしまいます、放ったらかしでも構わないんですからね。

 

絵の具や筆など最初に用意するべき道具や、便利な道具、基本的な道具についての知識が分かりやすく説明されています。

 

●第2章 チューリップの色塗りをすぐに始める描き方が紹介されています。

 

チューリップ

ここではさっそくチューリップの花の色塗りをスタートします。

 

同じピンクでも細かい色の違いによってチューリップの花の立体感を出していきます。

 

あらかじめ用意されている下絵に色を塗って実際にチューリップを完成させる描き方を学べます。

 

ひと塗りごとの解説を見ながら、筆の使い方や色の作り方の基本を身につける内容が分かります。

 

すぐにプロの筆運びをマネして自分の描き方が練習できます。

 

●第3章 田舎の風景の色塗りが紹介されています。

 

風景画

この章では人気の風景画をカッコよく、立体的に表現できる色塗りのポイントを学ぶことが出来ます。

 

丁寧な解説を動画で観ることが出来るので楽しく描く方法が身につけられます。

 

・雲がある空に色を塗るコツを学んでいく。

 

・色作りを工夫して遠くにある山を表現する方法を知る。

 

・中間にある山を表現する方法とはどんなものかが分かる。

 

・近くにある山の木々をうまく表現する方法を学べる。

 

・田んぼの稲が生える様子が簡単に表現することが出来るコツが分る。

 

・色づかいによって田んぼが何枚もあるように見せるという表現方法ほ知ることが出来る。

 

・遠くにある家並みをどう表現すれば風景画に奥行きを出せるのかが分かる。

 

・同系色の絵具を上手に塗り分けることによって鮮やかな風景画を完成させることを学べる。

 

●第4章 海辺の風景の色塗りの方法が紹介されています。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では描くのが難しいと言われている「水辺の絵」をどうやって描いていくのかを学んでいきます。

 

一見、同じような色の空と海の色ですがよくじーっと見てみるとと全く違うことが分かります。

 

色を塗る時にどこに着目するのか?とても勉強になる内容が紹介されています。

 

ワンランク上の風景を描くためには欠かせないのが水や海の色の描き方です。

 

ここでは水辺の表現方法を学んでいくことが出来るようになります。

 

これだけでバッチリ水辺を表現できるというたった1つのポイントとは何かを知ることが出来ます。

 

この表現方法で筆使いや色の使い方に注意して描くことによって説得力のあ上手な絵を描くことが出来るようになります。

 

●第5章 この章では動物のイヌの色塗りの方法が紹介されています。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんを描きたい、というのは多くの水彩画を始めたいという人に共通する願望です。

 

この章では犬という動物を通して活き活きとした犬を描く方法を学ぶことが出来ます。

 

特に犬の「毛並み」と「目」というのが上手く描くための一番のポイントになります。

 

この動画講座ではノーカットでプロの先生が完成するまでを観る事によって犬の毛並み一本一本まで描くという楽しさを味わうことが出来ます。

 

さらにレベルを少し上げて動物の表現の描き方にも挑戦することが出来ます。

 

犬をを描くことによって、生き物をイキイキと、かわいらしく描く表現方法を学ぶことが出来るようになります。

 

●水彩画の塗り方のポイントとまとめが紹介されている最終章です。

 

以上の各章のそれぞれのモチーフについて、最も需要なポイントのおさらいがまとめられています。

 

これらのDVDを何度も繰り返し観て描くことによって透明水彩を使って様々な素敵な水彩画を描くことができるようになります。

 

水彩画講座」レッスン2 〜デッサン編〜

●はじめに
ここでははじめに「下絵のデッサンを描く」ということの大まかな 基礎知識を知ることが出来ます。

 

どうすればバランスよく描けるのか、どうすれば上手に形態を描けるのか、など「そうだったのか!?」という意外な話を沢山知ることが出来ます。

 

・下絵デッサンを上手に描くための基礎知識をしっかり学ぶことが出来る。

 

・知っているだけでバランスよく描けるデッサンのコツを学ぶことが出来る。

 

・輪郭線を描く前に、描いておくべきある線の秘密が分る。

 

・リンゴやみかんなどの身近な物のデッサンからバランスよく描くポイントが理解出来るようになる。

 

●第1章 デッサンの道具について色々な使用する道具やお勧めの道具を解説しています。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

デッサンと言うと一般的に思い浮かぶのは鉛筆ですが、水彩画で使う鉛筆は普通のHBやBなどの鉛筆ではないのです。

 

水彩画で使う鉛筆は多くの画家の愛用者が使用している「製図用」の鉛筆です。

 

鉛筆の濃淡の種類が豊富なのがこの製図用の鉛筆の特徴で、プロの水彩画家は常に数十本の製図用の鉛筆を持ち歩いているんです。

 

これらの濃淡の違う鉛筆をを使い分けることで、対象の物体の立体感や質感の表現力が格段に良く表現できるようになります。

 

・普通の鉛筆と何が違うのがデッサン用の鉛筆とはどんなものかが詳しく説明されている。

 

・デッサン用の鉛筆の使い方と描き方と表現方法が分かる。

 

・絵が描きやすくなる鉛筆の削り方を知ることが出来る。

 

・普通の消しゴムじゃない!?デッサン用の消しゴムとは何かを知ることが出来る。

 

・初心者におすすめの道具とはどんな道具なのか知ることが出来る。

 

●第2章 チューリップの下絵デッサンを実際にやってみることによって鉛筆と消しゴムの使い方や形の取り方を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章ではさっそくデッサンを始めて行きます。

 

正しく形を描き、花びらの明暗を付けて立体感を出す技法を学んでいきます。

 

プロの水彩画の先生の手順や描き方を最初から最後までノーカットで観ることで何度でも練習が出来るようになっています。

 

この章ではチューリップの色塗りから筆の使い方や陰影のつけ方の技法を詳細に会得できるようになります。

 

・基本的な筆づかいと色塗りの方法が学べる。

 

・モチーフの明暗や濃淡を色で塗り分けて立体感を出す方法が分かる。

 

・色々な花の色を鮮明に表現するコツを知ることが出来る。

 

・チューリップの茎や葉の表面の質感を筆づかいによって表現する方法が分かる。

 

・花と茎の境目を自然に表現する方法を知ることが出来る。

 

●第3章 海辺の風景の下絵デッサンを通じて色々な風景の描き方と難しい水の表現方法を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では水彩画の一番人気のお題の「風景画」にチャレンジしていきます。

 

山や海、岩場などのある広い風景を1枚の紙にすべて描き込む方法などがプロの先生の解説と共にノーカットで観ることが出来ます。

 

田舎の風景の色塗りを通して空の色の塗り方や遠近の違いをどうやって描くのか?が分かります。

 

又、ここでは 消しゴムの意外な活用法が紹介されていてその使い方の効果に驚かれることと思います。

 

・雲がある空にどういう風にして色を塗るのか?そのコツを学ぶことが出来ます。

 

・バランスよく全体の風景を一枚の画用紙におさめるコツを知ることが出来ます。

 

・対象の中にある白い小さなものなどをデッサンするときに使う必殺技が学べます。

 

・風景全体の印象を引き締める要素である空と山の境目(スカイライン)を描く時のコツが分かります。

 

・初心者には難しいと思われている海や川、湖などの水面をデッサンで表現する方法を知ることが出来ます。

 

・さらに複雑な海の波打ち際のデッサン方法を学ぶことで高い表現力を身につけられます。

 

●第4章 イヌの下絵デッサンを通して生き物をイキイキと表現するコツが学べます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

生き物などはその形態をバランスよく描くことによって、たったそれだけでイキイキとした生きているような絵になります。

 

特に「顔」と「毛並」の表現が重要なポイントになります。

 

プロの先生が生き物の絵を完成するまでの動画をノーカットで観ることによってその描き方を身につけていけるようになります。

 

・動物の形態の全体のバランスを崩さないためにまずやっておくポイントを押さえておきます。

 

・白い毛の部分を鉛筆で立体的に表現する方法が分かります。

 

・地面にできた動物の影を自然に描くコツを体得します。

 

・絵の印象を決める重要な部分がありますが、それを描くタイミングがどこなのかを知ることが出来ます。

 

・犬の毛の色が変わる境目を自然に表現するコツとその描き方が学べます。

 

・下絵デッサンではどこまで描いておくべきなのか?を知ることによって無駄な時間を省き早く色塗りの段階に進むことが出来ます。

 

●下絵デッサンの描き方のポイントとまとめが最後に紹介されています。

 

水彩画の塗り方のポイントとまとめそれぞれの「お題の項目」の描き方のポイントが再度、説明されています。

 

このおさらいの章でプロの先生のデッサンの大事なポイントを復習することでさらなる飛躍へと繋げて行きます。

 

デッサン編の最大のテーマは、「バランスよく下絵を描く」ということです。

 

練習で描くモチーフは「チューリップ」に「海辺の風景」「犬」といった花、風景、動物という3つの人気のモチーフです。

 

これらのモチーフを通して、デッサンの基本を楽しく学んでいきます。

 

水彩画の下絵だけでなく、デッサン画にも通じるデッサンの基本が紹介されているのがこのデッサン編です。

 

プロの下絵と色塗りの描き方を両方マスターできれば、大好きな色々な水彩画をさらに描けるようになるのです。

 

水彩画講座」レッスン3 〜応用編〜

●第1章 ユリの下絵デッサンを通してバランスを崩さず描く技法を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では水彩画で使用する道具やお勧めの道具を用いて花のもつ色々な要素をバランスよく描くとともに花びらの模様はどのように描くのかが学べます。

 

・花びらと雄しべ、雌しべをバランスよく描く方法が分かる。

 

・隠れた茎を自然に表現するポイントを知ることが出来る。

 

・自然な花の模様を表現し、活き活きとした質感を表現する方法を身につけることが出来る。

 

●第2章 ユリの花の色塗りを通してユリの花びらの持つ丸みの表現方法を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章ではユリの花の色塗りを実践することによってその筆の使い方や陰影の付け方が学べます。

 

花の内側をこちらに向けたときの状態は、どのような方法で立体的に描くことが出来るのか、プロの先生の描き方と解説を観ることによって理解することが出来ます。

 

・花びらのみずみずしさを表現する方法とコツを学んで行きます。

 

・立体感が出る色塗りには順番があります。ここではその順番とはどんな順番なのかを知ることが出来ます。

 

・実は茎や葉は緑色だけじゃなく色んな色の配合で構成されています。ここでは葉や茎の質感を表現する色とは何なのかを知ることが出来ます。

 

●第3章 山の風景の下絵デッサンを通して複雑な山の風景の描き方を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では田舎の田園風景の色塗りを実践すること田舎の空の塗り方、遠近の取り方を学べます。

 

旅行先の風景をスケッチして水彩画にすることが出来るようになれる素敵な趣味を身につけることが出来るようになります。

 

そういった旅行先での風景スケッチに役立つ遠近感のある風景を描くときのポイントを学ぶことが出来ます。

 

・山の風景の印象を崩さない下絵デッサンの描き方が分かります。

 

・ある秘密のものを使えば簡単に複雑な山肌を表現することが出来ます。そのコツと秘密のものを知ることが出来ます。

 

・広く広がる草原を3つの構成に分けて風景の遠近感を表現することが出来ます。その表現方法を知ることが出来ます。

 

●第4章 山の風景の色塗りを通して草原の遠近感を表現するコツが学べます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では山の風景の色塗りを通して草原の遠近感を出す技法を学んでいきます。

 

プロの先生の解説と描き方をノーカット観ることで草原の遠近感をどうやって出していくのかが分かります。

 

・遠近感や奥行きのある草原を表現する色の塗り方が分かる。

 

・存在感のある雲を描く色塗りのコツが学べる。

 

・遠近感が一気になくなるという色がありますが、その使ってはいけない色が何なのかを知り色塗りを体得していきます。

 

●第5章 ネコの下絵デッサンを通して鉛筆の使い分け方を学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

この章では今、大人気の動物「ネコ」の水彩画ににチャレンジして行きます。

 

この水彩画動画では先生が体にしま模様がある猫を描いています。

 

このしま模様を描き分ける先生の描き方はすごくお手本になる技法ですので観ることと解説を聞くことでその描き方を体得できます。

 

・いくつかの鉛筆を使い分けることによって複雑な猫の毛の質感を表現することを学んでいくことが出来る。

 

・白い毛と体の色模様を自然に表現するコツを学ぶことが出来る。

 

・猫のモチーフの背景を描くときに気を付けるポイントがあってその重要な要素を知ることが出来る。

 

●第6章 ネコの色塗りを通して長い毛の質感の表現と共に背景を効果的に描くコツを学んでいきます。

 

水彩画,初心者,おすすめ,教室,レッスン,講座,描き方,コツ,入門,習う

一見、何も塗らなくても良さそうな白い毛の部分も、色を塗ると立体感や質感が違って見えてくることが分かります。

 

猫の背景を描くときに注意するポイントがありこれを知ることはとても勉強になる内容が解説されています。

 

・猫の白い毛のフワッとした質感を表現するための色塗りのコツが理解できる。

 

・猫の毛の白さを強調するために使う意外な色がありますがその色が何かを知ることが出来ます。

 

・プロの画家が教える、より水彩画作品らしく仕上がる色塗りの方法が最後に紹介されています。

 

応用編の最大のテーマは、「『水彩画作品』を仕上げる」ということです。

 

最後に下絵デッサンと色塗りを通して、「作品」を仕上げて行きます。

 

この応用編では今までよりも鉛筆や筆使い、そして絵具の色使いがより細かくなっていきます。

 

さらにステキな水彩画作品を描くようになれるので本格的な水彩画が描けるようになっていきます。

 

練習には少し複雑になった人気のモチーフのユリの花、田園風景、人気の猫という動物を通して、より素晴らしい作品らが仕上げられる細かいテクニックについて学んでいきます。

 

最終的にこの応用編をマスターすれば、一見複雑なモチーフも、まるでプロの「画家みたい!」と言われるほどステキな水彩画が描けるようになれます。

 

以上の大事な要素をギュッと凝縮した内容であるにもかかわらず動画で簡単に観て学習できるので忙しくても好きな時間に自宅で水彩画を短期間でマスターできるようになるのです。

 

「もっと上手に水彩画が描けたらな・・・」と 憧れるだけの日々は終わりにして今から水彩画にチャレンジしてみましょう。

 

あなたにもカンタンに、誰もが「すごい!」と言うような ステキな水彩画が描けるのですから!

 

>>水彩画初心者にオススメの水彩画動画講座の詳細はこちらから